未分類

広島市で中古車買取は厳しいトヨタ・ルーミー

投稿日:

タンクと同じようにダイハツトールのOEMモデルとなるトヨタのルーミー。タンクとは販売チャネル違いの兄弟車ということになりますが、この車は発売当初は高評価だったものの、発売からそれなりの時間が経ち、その車の良いところ悪いところが見えるようになってからは、中古車市場に入ってくる台数が多くなってきました。

そうなる理由にはいろいろなことがあるのですが、ほとんどの方がこの車を売ってスズキのソリオを買っているようです。これは中古車市場にとってはラッキーなことで、新しいモデルがたくさんあるのは広島市の中古車販売店にとってもいいことです。

ただ、買取店での買取金額も一時の新車需要を終えていますのでなかなか高くなりません、むしろトールやタンク、ルーミー、ジャスティの発売でスズキのソリオの価値が上がっているぐらいです。

・中古車買取査定は期待しないでおこう

現状では、ほぼワンオーナーのルーミーが買取店へ持ち込まれることになっていますが、それでも思ったほど買取金額にならない中で、2オーナー以上の中古車買取となると更に厳しい状況になるでしょう。

ルーミーという車の性質からして、ボディや内装を中心にかなりいじられていることが多くなります。それもいい加減な作業で行われているところをよく見かけますので、新しい割には傷みが激しいものが多く、そういった場合は減額を覚悟しなければなりません。

社外品のドレスアップパーツが付けられたルーミーの売却を手伝った時にその部分を追及され、その部分で減額されてしまったのを目の前で見ていました。中古で買ったルーミーを高く売るには、まずはノーマルへ戻すことが絶対条件であるようです。

-未分類

Copyright© 広島 車買取 おすすめ@高く売る査定の方法を紹介!口コミや評判 , 2020 All Rights Reserved.